世の中の全ての物事は、需要と供給の関係で成り立っていると考えられます。キャッシングやカードローンも例外ではありません。「お金を借りたい」という希望者がいるからこそ、「お金を借りてもらって儲けたい」と考える人も現れるのです。もしも借りたい人が一人も存在しなかったとすれば、貸したい人も現れなかったはずです。

ところで、世の中には金融事故を起こしてブラックになってしまった人がいます。その人たちの中にも、お金を借りたいと希望する人は確実に存在します。つまり、そこにはブラックでも融資を希望するという需要があるのです。ですから需要と供給の関係から考えると、「ブラックの人に借りてもらって儲けたい」と考える人が現れるのは必然的なことだと言えます。

ただし一般常識的に考えて、ブラックの人にお金を貸すのは貸し倒れなどのリスクが高くなります。それは否定できません。ですから通常の融資と違って、審査や貸し付け条件などが少し厳しくなってしまうことは覚悟しておくべきです。

それにブラックの人にも融資が可能な金融機関というのは、正規の業者ではなくてヤミ金のような悪徳金融である危険性が高くなります。ですから、借りる側にとってもリスクが高くなってしまうことを忘れてはなりません。とにかく、たとえどんなにお金に困っていても、ヤミ金などには絶対に手を出してはいけません。その点だけは要注意です。

そう考えると、ブラックの人が安全に融資を受けるためには、過去の失敗を完全に清算してからにしておいたほうが無難です。たとえば金融機関に迷惑をかけて自己破産してブラックになった人でも、永遠にブラック状態が続くわけではありません。その後、真面目に生きて過去をきちんと清算すれば、やがてはブラックリストから名前が消える日が必ず来るのです。

その時には、銀行や貸金業者も以前と同じように普通に融資に応じてくれることが期待できます。それが、ブラックの人が借金するベストな方法だと言えるのではないでしょうか。

ブラックだとか、ブラックリストという言葉をよく聞くと思いますが、なぜ融資を受けにくくなってしまうのでしょうか。

そもそも「ブラックリスト」というリスト自体は存在しません。

金融会社としては当然といえば当然ですが、信用性の高い人にお金を貸したいと思うところが多く、審査の際に信用情報機関というところを利用して審査を受けに来た人の過去の経歴を見るんです。

信用情報機関はクレジット会社、信販会社などが加盟するところ、銀行や農協などが加盟するところなど複数あります。

信用情報機関には一定期間の金融機関利用者の金融事故の情報などが残るため、審査時に利用者の過去情報を確認し、マイナス面での情報を確認した金融会社は利用者を信用しきれないということで審査を通さず、過去になにかしらの覚えがある利用者は融資を受けられなくなるという流れになってしまうのです。

この信用情報機関の過去の情報こそが通称ブラックリストと呼ばれるもので、実際過去に自己破産したとか、延滞を繰り返したとか、金融会社に強制解約させられた人ばかりを集めたリストが存在しているわけではないのです。

金融会社は信用情報機関の情報を必ず確認するので、そもそも融資というのは不可能なのかということになるんですが、結論からいうと融資を受けることは可能です。

なぜ可能かということになるんですが、柔軟な考えをもつ金融会社もあるからです。

過去に自己破産していようと、延滞を繰り返してしまっていたとしても、借りようとしている現在ではお金をしっかりと稼げている人もいれば、余裕のある返済能力を有している人、延滞を繰り返してしまったことを悔いて真面目に返そうと考えなおしている人もいるという事実から目を逸らさず、過去の情報よりも今の本人の人間性や良心をいうものを重視してお金を貸すところもあるんです。

本人の現状を調べるために他の金融会社より多くの資料を提出しなければならなかったり、事細かに様々なことを聞かれることもありますが、それは仕方のないことです。

ヤミ金と呼ばれるところでもなく、正規のしかるべき貸金業の組合にも加盟しているような金融会社でも融資可能だという柔軟なところはいくつもありますから、金融の事故情報を持っている人でも諦めることなく探してみてください。